飛蚊症を治療しませんか

意外にも飛蚊症で悩んでいる日本人は多いです。
そもそもこの症状は、白い壁や明るい空などを眺めていると糸くずや虫のような形をした透明の浮遊物を目の中に捉えることができる症状です。
視線を移動させると同時に浮遊物が動きだし、それを不快に感じられる方も多いです。
幼い頃から悩んでいる方も多いですが、中には急に出現し増えてしまうという方も多いです。
急激な変化がある方は目の病気が疑われる可能性が高くなっており、網膜剥離や網膜穿孔などにつながることもあるのです。
そのため、気になる方はぜひ飛蚊症の診断を正しく受け、治療に取り掛かった方がよいでしょう。
松原クリニックでは、飛蚊症の治療をレーザー治療を使って行ってくださいます。
原因となるゴミや濁りをレーザーによって分散させ、症状を緩和させるという効果があります。
こちらの治療費は1回片目13.9万円で可能となり、2回目以降になると片目4.7万円で施術を受けることができます。
入院などの必要はなく、日帰り手術が可能となっていますから、お仕事や家事・育児でお忙しい方でも便利です。