SEO対策で選ぶレンタルサーバー

SEO対策というのは、検索サービスで自社サイトが上位に表示されるようにページの評価を上げる対策のことを言います。
自社サイトを検索エンジンに最適化するわけですが、SEO対策を考えた場合にレンタルサーバーの選択は非常に重要になってきます。
ページの重要度を上げて検索結果に繁栄させるためには「内部対策」と「外部対策」の2つの側面があるのですが、まず「内部対策」を考えた場合、設置するサーバーの設定がきちんと検索エンジン側に対応しているのかどうかが問題となります。
特に後々ページの追加などを行っていく場合、サーバーの階層が込み入ってしまい検索エンジンのデータ収集に不利に働いてしまうという場合もあります。
また「外部対策」を考えた場合、バックリンクを如何にして確保するのかが重要になってくるのですが、例えば一つのIPアドレスを持ったレンタルサーバーからのリンクが集中してしまうと、検索エンジンから見て不自然であると判断されてしまう可能性があります。
バックリンクによるSEO対策を考えてレンタルサーバーを選択する場合、IPアドレス分散サーバーというサービスが注目されています。
もちろん複数のサーバーを稼働させるという正攻法も強力なのは言うまでもありません。